Embark昨日、うちのノアと同じように、アメリカ宛EMS受付一時停止の報を受けて、せっかく採取した検体をどうしようというご相談をいただきました。
当然ですよね。2万円もするんですから💦
エンバーク社からの返送用封筒には米国内の配送状況を追跡できるバーコードまで印刷されています。
普通に考えれば、なんとか日本からアメリカまでのルートを確保できれば、その後は安心して配送状況も確認できると思いますよね。
しかし、日本では今年1月1日からのアメリカ宛国際スピード郵便(EMS)の受付停止になったり、手書きの送付状を受け付けなくなったりと、いろいろ手続きが煩雑になり、この封筒をどう扱えばいいか把握している人が郵便局にもあまりいないようなんです。

私が最初にこの検体を持ち込んだのは、東京都内ではあるけれど国際小包など数か月に一度しか受け付けないような6畳程度の小規模な郵便局でした。初めてアメリカ宛のEMSを目にしたような新人窓口担当の男の子は、目の前の顧客の不安を解消する余裕もなく、先輩から言われ「国際郵便マイページサービス」のチラシを配ってあとは無視されました。
知らないなら知らないでいいんです。しかし、その子は印刷済みのバーコードは日本では読み込めないので無効だと。
さらに「国際郵便マイページサービス」で発行した郵送ラベルを上に貼るので、バーコード自体も読めなくなるとはっきりと私に言いました。

私はその子の指示に従って、自宅に戻り、案内されたホームページで送信元と宛先を入力後、あらためて近所で一番大きな郵便局に出向きました。そこでも最初に対応をしてくれた男の子は国際郵便については把握しておらず手間取りましたが、郵送ラベルを出力して窓口に再度持って行ってからは、ベテランの女性が機転をきかせて「後はやっておきます」と引き受けてくれました。

その時ホームページで選択したのは、追跡サービスがない『国際小包(航空便)』でした。
コロナ禍で日本からアメリカ宛に果たして荷物が発送されるのか、1週間余りドキドキでしたが、
昨日DNA検査元のEmbark社から、検体の入った郵送物が無事アメリカに到着し、ラボに向かっていると連絡がありました。

きっと最終的に検体を受領してくれた郵便局の女性が、もともと封筒に貼ってあったアメリカ国内の追跡用バーコードをちゃんと読めるように送付状を貼ってくれたんだと思います。
やはりベテランさんは違います。その節はありがとうございました!

今回のことで、米国内だけでも検体の所在を教えてくれるEmbark社は、ユーザーサイドに立った会社だと実感しました。
たとえ1ヶ月後に犬種鑑定が「野良犬」と出ても恨みません!

コメント一覧
  1. ひぐアー より:

    はじめまして。
    Embarkさんの犬種診断の検索でたどり着きました。
    我が家も、2回郵便局での窓口でのやりとりを挟んで発送できました。

    ちなみに、我が家は2つのブリーダーのもとで繁殖犬として頑張り
    その2つめで多頭崩壊を受け、保護された2匹の柴犬(推定)がいます。
    年齢も不明で、かかりつけの獣医さん曰く「柴っぽい8~11歳ぐらいかな」というレベル。
    で、犬種や血縁関係を確認したくて、Embarkさんにお願いしようと思いました。

    発送は、Embarkさんの返送封筒をそっくりEMS封筒に入れて発送する方法。
    比較的大きく、海外の方も多く生活している都市系の郵便局窓口を利用しました。

    1回目
    「犬の唾液を送れるか不明」→担当機関に確認します。
    「大丈夫でした、が入っている試験管内の液体が航空貨物として安全性が確認できる証明が必要」
    「できれば先方の会社に確認してもらって成分を聞いて頂くか、安全データシート(SDS)を入手して欲しい」
    「EMSの内容品の詳細な記載に“Dog DNAtest tube”とあるが、上記から成分を書いて欲しい」

    2回目
    「唾液が伝染性物質ではない証明が必要(→伝染性物質の場合個人での発送は出来ない)」
    という部分がありましたが、窓口の担当さんによる担当機関との確認で「航空危険物にあたらない」
    と確認してもらって、なんとかクリアしました。でも、調べてみると
    「吸着剤上に一滴を付着させる等した乾燥した血液の斑点等」というものですが、大丈夫だったかな?

    EMSの内容品の詳細な記載には、試験管の商品名を記載して(Not regulated)と追記して、
    伝染性物質ではない点については、窓口で担当さんが(Not Infectious Substances)と加筆してくれました。

    • るいいる より:

      ひぐアーさん、コメントをありがとうございます!

      私が検体を送付した当時はコロナの影響でEMSが利用できなかったため
      今とはまた状況が異なるようですね。
      私が参考にした方のブログには
      「Embark社への返送用封筒をそのまま郵便局にもっていくだけでOKだった」とありました。
      それくらい送付の手続きが簡単になるといいですね。

      詳細な情報をご連絡いただきあらためて御礼申し上げます。

コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード
ノア日誌の関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事