あなたは何犬なの?

「うちの仔は横から見るとボーダーコリーに見えなくもない」
「尻尾からお尻にかけての毛ぶきはシェルティっぽい?」
「ジャーマンシェパードの子犬にも似てる」
「あ、でも耳周りのもみあげみたいな毛はパピヨン?」

うちの仔のルーツを妄想するのは、保護犬飼い主の楽しみの一つです。
でも実は、どんな犬種の遺伝子を受け継いでいるかを知ることは、その仔の健康を維持する上でもとても大切なことなんだそうです。
海外では数年前から犬のDNA検査が盛んで、どんな犬種の遺伝子を受け継いでいるかという犬種鑑定をはじめ、犬種特有の遺伝性疾患の発症リスクなども調べられるそうです。
ということで、今回は日本からも申し込める人気のDNA検査について調べてみました。

オオカミ度までチェックできる『Embark(エンバーク)』

Embark(エンバーク)は、現在アメリカで最もシェアが高いDNA検査サービスです。検査メニューは「犬種鑑定」と「犬種鑑定+遺伝子疾患検査」の2種類です。

◇メニュー◇
①犬種鑑定(Breed Identification Kit): $129(約14,300円)
②犬種鑑定+遺伝子疾患検査(Breed + Health Kit): $199(約22,000円)
※2021/4/10追記:現在②のみ購入手続きの途中でコード入力の欄に「BIGLOVE」と入力すると$50値引されて$149(約16,340円)で購入可能です。
※2021/5/5追記:現在②のみ購入手続きの途中でコード入力の欄に「BIGLOVE」と入力すると$40値引されて$159(約17,620円)で購入可能です。
ただし、日本からの注文の場合は追加で送料10$がかかります。
◇特徴◇
◎350種以上のデータベースから犬種を特定
◎成犬時の体重も予測
◎3代前まで遡った家系図を作成
◎190以上の遺伝性疾患のチェックが可能(メニュー②のみ)
☆米国内Amazonでのレビューは信頼性、サービス共にこの分野で最高評価
☆オオカミ度もチェック
☆Embarkの検査を受けた犬の中から共通する遺伝子を持つ親戚を見つけることも可能
△難点は英語サイトしかないことでしょうか😿

狼爪を持つツクシ君はオオカミ度も高い?

日本語サポートがある『Orivet(オリベット)』

Orivet(オリベット)は獣医病理学ラボ「ASAP」の中のDNA検査部門が独立して誕生したオーストラリアの検査機関です。
現在は遺伝子検査開発強化に向けて、世界規模でのサンプル収集を進めています。

◇メニュー◇
①犬種鑑定 14,500円
②特定の遺伝性疾患検査(単検査): 10,200円
③遺伝性疾患セット検査 : 19,300円
※すべて送料込み

◇特徴◇
◎350種以上のデータベースをもとに犬種を特定
◎3代前まで遡った家系図を作成
◎犬種鑑定のみのメニューでも特定された犬種のかかりやすい疾患を報告
☆日本語サイトがあり注文も日本円、日本語でできる(検査は海外ラボに発送)
☆特定の犬種の特定疾患のみの単検査やいろいろ組み合わせたセット検査などメニューが豊富
☆日本語レポートの有料郵送サービス有

ロッキー君はボーダーコリー系?

日本の現状

今のところDNA検査による犬種鑑定を行っているのは海外企業がほとんどです。日本では『アニコム先進医療研究所株式会社』のラボが、遺伝性疾患の取り組みの一つとして健康リスクをチェックする遺伝子検査を実施しており、『Pontely』といった企業がこのラボと提携して一般向けにDNA検査サービスを提供しています。今後は犬種鑑定や性格、毛並みの遺伝情報も提供する予定だそうです。日本でも保護犬を引き取る家庭が増えているので、こうした新しいサービスへのニーズも拡大しそうですね。

特定犬種の遺伝性疾患検査は国内でも可能

とりあえず注文してみた!

上記以外にも『Wisedam Panel』といったDNA検査で定評のある企業はありましたが、英語サイトしか存在せず、今現在日本からの依頼に対応しているかどうかもわかりませんでした。自分の英語力が情けない。。
ということで、バリバリ野犬出身のうちの仔は、オオカミ度チェックがあるEmbarkに検査を依頼しました。
$159に送料$10で日本円換算だと19,439円。結構なお値段です。なんと4月に入り値引き額が$40から$50に引き上げられました。私は3/31に申し込みました…😭
さらに英語が超苦手な飼い主には、これから茨の道が待ち受けています。(←注文するだけで2時間かかった💦)
1週間程度で検査キットが送られてくるらしいので、実際のDNA採取の様子や検査結果については体験レポートの方でまたご報告します!

るいいる>

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事